6月の末には全国各地の神社で大祓(おおはらえ)の祭事が執行される。曽根天満宮では6月30日に大きな茅の輪を社殿前に置き、それをくぐり抜けてから参拝する。そのために輪抜け祭りとも呼ばれる。
 輪抜け祭のもう1つの特徴は、ヒトガタである。神社で配布する人の形に切られた紙に、生年月日・名前を書いて身体をなで息を吹きかけて神社に奉納する。これは、身体についた災厄をヒトガタに託して身体を清める意味がある。神社では、社会状況の変化により今では焚き上げているが、かつては船に乗せて川から海へと流していた。
 6月という時期は、1年の半期の区切りであると共に、田植えが終了した直後であり、民間にも忌慎しむ風が元来あったと言われる。それが宮中の行事の広がりと合致して、今日のような祭りとして定着している。

輪ぬけ祭の由来

 この風習は西日本、特に近畿地方に多く見られるが、その起源は備後の国風土記の蘇民将来(そみんしょうらい)の説話だとされる。
 武塔天神が旅の途中、日が暮れたので将来兄弟に宿をこう、弟の巨旦将来は裕福であるのにもかかわらず断り、貧しい兄の蘇民将来は快く泊めて粟飯でもてなした。後年武塔天神が再び訪れ、蘇民将来の家族に茅の輪を腰に着けておくよう教える。そして、疫病が流行り茅の輪を付けていない者は皆死んでしまう。武塔天神は「後の世に疫病が流行したなら、蘇民将来の子孫と称して茅の輪を腰に着けよ」と語った。今でも玄関の入口に「蘇民将来子孫の宿」などと板の書いたものを掲げているところが見られる。
 茅という植物は、元来魔除けに効能があると考えていたらしい。京都祇園祭には、チマキが災厄除けとして授与されている。5月節句にチマキを作る風習は広く、これを軒先などにつるしておいて、旅に出るとき携えると災難に遭わない、と伝えている地方もある。
          

       新着情報へ