(五月五日こどもの日斎行)
人形は古来子供の遊び相手として、また身代わりとして私たちの生活と密接に関わってきました。
「その人形をゴミとして処分するのが忍びない」との要望が多く、曽根天満宮では5月5日の子供の日に、人形への感謝のお祭りをして、お焚上げの行事を行っております。


当日本殿東のテントで、午前9時より12時まで受け付けております
雛人形の牛車やボンボリなどの飾りはお預りできません。原則として目が付いている人形だけにしてください。ガラスケースもご自宅で処分して下さい。

ご祈祷料は量をみせて頂き、受付で納めていただいております。(2000円〜5000円程度)
INDEXへ